★アニ速★ -公式無料動画・配信アニメ速報- TOPへ | 本日の更新ページ




推しが武道館いってくれたら死ぬ 


『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、平尾アウリによる漫画作品。「月刊COMICリュウ」(徳間書店)にて、2015年より連載。岡山県を舞台にし、とある女性地下アイドルグループの活躍と、彼女らを応援するファン(アイドルオタク)たちの様子を描いたコメディ作品。2020年放送。
ストーリー
岡山県在住のえりぴよは、マイナー地下アイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜に人生を捧げている熱狂的なオタク。
えりぴよが身を包むのは高校時代の赤ジャージ。
えりぴよが振り回すのはサーモンピンクのキンブレ。
えりぴよが推すのは舞菜ただ一人。
収入の全てを推しに貢ぎ、24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿はオタク仲間の間で伝説と呼ばれ、誰もが一目置く存在となっていた。
『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら...死んでもいい!』
そう断言する伝説の女・えりぴよのドルオタ活動は、アイドルもオタクも巻き込んで今日も続く…!(wikipedia等参照)


推しが武道館いってくれたら死ぬ 簡易リスト 

(「ニコ生」 04/04(土) 23:00 ~ 9-12話振り返り無料生放送)

第1話 「そんな舞菜を愛してる」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第2話 「いちばん好きでいたい」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第3話 「わたしのこと好きですか?」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第4話 「絶対、1位にするから」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第5話 「わたしは待つことしかできない」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第6話 「ぼくの全てが君だった」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第7話 「舞菜のために走るんだ」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第8話 「わたしの未来にいてほしい」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第9話 「オタクじゃなく一人の人間として」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第10話 「推しは友達じゃないから」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第11話 「いちばん、身近にある奇跡」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」
第12話 「推しが武道館いってくれたら」
「FOD」 | 「abema」 | 「ニコニコ」 | 「gyao」 | 「google」

コミック
「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
「GANMA」 | 「COMICリュウ」 | 「pixivコミック」





電子書籍約10000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!

推しが武道館いってくれたら死ぬ 公式サイト
推しが武道館いってくれたら死ぬ の情報を詳しく知りたい方はコチラへ
【推しが武道館いってくれたら死ぬ wiki】

アニ速TOP

簡易コメントの投稿

 





管理者にだけ表示を許可する


その他お問い合わせ等はコチラへお願いします。→【総合受付